So-net無料ブログ作成

都営まるごときっぷ [交通]


スポンサードリンク





都内をあちこち街歩きするとき、一番コストパフォーマンスがいいのは、以前ご紹介したことがある東京メトロの一日乗車券(大人600円)であることは、あまり異論がないところでしょう。

ただ、東京メトロの路線がない下町エリアを「おじさんぽ」するのであれば、こちらの一日乗車券のほうが便利そうです。

51abd5ba.jpg

都営まるごときっぷ(1日乗車券) | 東京都交通局

「都営まるごときっぷ」は、都営地下鉄、都バス(多摩地域を含む)、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーを1日乗り放題となるチケットで、価格は、大人700円。

神奈川県方面からこのチケットを利用するのであれば、小田急で新宿に行き、そこでチケットを買って都営大江戸線に乗り換えるか、東急目黒線で目黒まで行き、そこでチケットを買って都営三田線に乗り換えるのがいいでしょう。

都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーが使えるので、荒川区、足立区、葛西区、江戸川区といった東京メトロでは行きづらいエリアを「おじさんぽ」するには、最適なチケットだと思います。

私が今考えている「おじさんぽ」プランは、新宿までは小田急で行き、そこで「都営まるごときっぷ」を買って、都営地下鉄の新宿西口駅から大江戸線で春日駅、春日駅で都営三田線に乗り換えて西巣鴨駅。

【東京・下町観光】1日楽しめる、都電荒川線沿線をぶらり旅♪ | キナリノ

そこから、都電荒川線の新庚申塚駅に乗り継いで、都電荒川線巡りをするというコースです。

飛鳥山公園、鬼子母神堂、あらかわ遊園、下町都電ミニ資料館、甘泉園公園、西新井大師、東京染ものがたり博物館、早稲田大学演劇博物館、早稲田大学會津八一記念博物館など、全部見ようと思ったら、一日では廻り切れないほどの観光スポットがありそうです。

それにしても、都電荒川線って、都営地下鉄に乗継できる駅って、新庚申塚駅しかないんですね。東京メトロの乗り継ぎ駅はいくつもあるのに。
都行政の交通政策として、何と効率の悪いことか!

関連記事:
小田急東京メトロパスがお得:東京おじさんぽ:So-netブログ
相鉄・鉄道全線1日乗車券はお得!:東京おじさんぽ:So-netブログ



都電荒川線...

都電荒川線...
価格:864円(税込、送料込)

都電荒川線フォトさんぽ [...

都電荒川線フォトさんぽ [...
価格:918円(税込、送料込)



【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました