SSブログ

余った外貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」 [観光サービス]

スポンサードリンク



d19691-2-755455-0.jpg

R25スマホ情報局:「余った外貨→電子マネー交換」早くも拡充期待 - ITmedia Mobile

これいいな。素晴らしいアイデアだと思います。

海外旅行や出張で、銀行で両替できず、使い切れずに余った外国の硬貨は、捨てることもできず、処分に困って今でも持っている人は多いと思います。

この「ポケットチェンジ」という端末は、そうした硬貨の外貨を、電子マネーなどに交換してくれる端末で、7月には羽田空港に設置され、今後他の空港にも順次設置される予定だそうです。

対応する通貨は、当初は米ドル、ユーロ、日本円の3種類で、順次拡大予定とのこと。
日本円にも対応するということは、海外からの日本への旅行客が、帰るときにも利用できるということになります。なるほどね。
個人的には、中国元とポンドもお願いしたいところだな。

変換可能な電子マネーなどはは「交通系ICカード(Suicaなど)」「楽天Edy」「Amazonギフト券」「iTunes」「LINEギフト」など。
端末には個人情報を一切入力する必要はないし、Suicaなど電子マネーの場合は、最後に端末にSuicaをタッチするだけで、チャージが完了するというから手軽だなぁ(「Amazonギフト券」などに変換するには、当然、Amazonのアカウント、パスワード入力は必要)。

少額決済だけに、日本円との為替レートが、どの程度手数料を引かれるのか、といったあたりも気になるが、その辺の情報はまだ明らかにはなっていないみたい。

基本的に、とてもいいサービスなので、是非とも、日本国中の国際空港や、国際港にはすべて設置して欲しい端末ですね。

ちなみに、私自身は、海外出張などで、余った端数の硬貨は、現地空港で最後にお土産を買うときに全部支払いに使った上で、

"Can I pay by the credit card for the shortage of these coins ?"

などと頼むと、大抵OKであることが分かって以降、最近はコインが余ることは、ほとんどなくなりました。

ただ、それでも、昔の海外旅行で余った硬貨や、バッグの隅に埋もれて使い忘れた硬貨が、今でも海外旅行用のサイフに埃をかぶったままになっているので、特に、今後当面行く予定がない英ポンドと中国元が交換できるようになったら、羽田空港に行く機会に、是非とも利用したいな。

関連記事:
東京駅と新宿駅で「駅構内ナビ」の実証実験開始:東京おじさんぽ:So-netブログ



【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。