So-net無料ブログ作成

東京ジョイポリスにVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」 [娯楽施設]

スポンサードリンク




021.jpg

最大6人参加のVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」が日本上陸、ゾンビ掃討作戦を体験 - Engadget Japanese

お台場の東京ジョイポリスに、7月23日、今注目のVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」がオープンしたそうです。

VR用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着して、広い空間(フリーローム)の中を自由に動き回りながら、最大6人で同時にプレイできるのが特徴だそうです。

実施されるアトラクションは、随時変更されるそうで、その第1弾アトラクションは、東京ジョイポリス専用に開発された「ゾンビサバイバル」。

「舞台はゾンビの大群に襲われ壊滅的被害を受けた街。残された住民を救出するため、総司令部がゾンビ掃討の救出チームを街に送り込むというストーリー仕立てです。プレイヤーのミッションは、通信で総司令官の指示に従い、救出拠点を守り抜くこと。迫りくるゾンビを撃退し、救出計画を成功させること」とのこと。

プレイヤーは、6人1組のゾンビ掃討チームのメンバーとして協力しあいながら、VR空間を自由に動き回り、15分間のプレイ時間内に迫りくるゾンビを掃討し帰還するというシナリオを体験するそうです。

プレーヤーは、HMDとヘッドフォンを装着し、ビームガンを持ち、自身の位置を検知するベストを着用します。
このベストでスペース内のプレイヤー同士の位置関係を検知して、インタラクティブにゾンビの出現などを演出するそうです。

チケット | 東京ジョイポリス

参加年齢は、13歳以上に制限されており、体験するには東京ジョイポリス入場料(18歳以上税込800円など)に加えて、税込1,800円が必要だそうで、 30分(ブリーフィング時間15分+プレイ時間15分)というプレイ時間を考えると、ちょっとお高いと言えばお高いかも。

「ZERO LATENCY VR」予約サイト

予約サイトはこちらですので、興味ある方はこちらからどうぞ。

お台場みんなの夢大陸2016

お台場のイベント&おでかけスポット情報|ウォーカープラスお台場

お台場は、この夏、「フジテレビ」の「お台場みんなの夢大陸2016」の他、その他の施設のイベントも盛りだくさんですので、どうせ行くなら、計画的に巡回して、お台場を、丸一日楽しむのがいいかと思います。

関連記事:
2016年夏休みのテレビ局イベント:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました