So-net無料ブログ作成

大阪電気通信大学が「デジタルホラーハウス」を開催 [イベント]

スポンサードリンク




miya_160802digitalhorror01.jpg

人がいなくてもお化け屋敷は怖い……? 大阪電気通信大学が研究企画「デジタルホラーハウス」を入場無料で開催 - ねとらぼ

大阪電気通信大学が、8月5日~9日の期間、グランフロント大阪(大阪市北区)で、「デジタルホラーハウス」という実験的なお化け屋敷イベントを開催するそうです。

大阪電気通信大学の魚井宏高教授(総合情報学部デジタルゲーム学科魚井研究室)が、「なぜ日本のお化け屋敷はこんなにも怖いのか?」という疑問の答えを“人が脅かすから”だとし、その“人”がいない場合は怖くできないのかを考察し、その流れで「恐怖を与える技術の自動化」研究が始まり、その実験も兼ねて2014年からスタートしたのが、「デジタルホラーハウス」というイベントだそうです。

空間を360度見渡せるVR HMDのOculus Riftを使い実現される「歩かないお化け屋敷」だそうで、約3分間の体験は完全自動進行。
その状態で、ヴァーチャル映像とサラウンド音響を使用し、臨場感のあるホラー体験を味わえるそうです。

入場は無料で、事前予約も不要。対象年齢は中学生以上から大人まで。

先着順での入場のため、待ち時間が発生する場合があるとのことですが、無料だし、これは確かに入場待ちが出来そうなイベントですね。

大阪だから行けませんが、これは何かの機会に、東京でも開催して欲しいですね。

というより、大阪電気通信大学のこの研究成果を生かして、どこかの企業が、本格的なお化け屋敷を作ってくれてもいいですが。

関連記事:
東京ジョイポリスにVRアトラクション「ZERO LATENCY VR」:東京おじさんぽ:So-netブログ

<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました