So-net無料ブログ作成

プレミアム・フライデーって何のため? [観光行政]

スポンサードリンク




008.jpg

月末金曜日の午後3時の早帰りを促し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」が、2017年2月24日よりスタートするが、最近問題の長時間労働の是正が主目的かと思っていたら、ちょっと違うようだ。

プレミアムフライデーが導入される4つの目的。~「プレミアムフライデー」来年2月24日から実施へ | さゆふらっとまうんどのHP ブログ

「午後3時に退社とはいっても、強制ではなく、テレワークやフレックスタイム制も活用して」「負担があるのであれば、プレミアムフライデーに参加しなくてもいい」などの言葉通り、会社の制度として休みにすることは考えていなくて、あくまで既存の制度内で、社員が自主的に早く退社しましょう、と呼びかけるだけみたいなのだ。

自分の勤務先でも、一応「プレミアムフライデー」への対応が発表されたが、実態は、春闘で組合との制度改定などの協議などもなく、「フレックスタイム」や「半日年休」で、可能なら自主的に休んでください。あるいは、どうしても仕事があるなら、リモートアクセスで仕事をしてください、という程度の話。

この制度で、誰も「長時間労働の是正」など、もくろんでいないのだ。

2017年は祝日が土曜日になる率が高い。どうして振替休日が発生しないのか??弁護士が解説(福永活也) - 個人 - Yahoo!ニュース

だったら「何のため」ということになるが、どうやら、今年は、例年に比べて土曜の祭日が多いため、年間を通した休日数が大幅に少なく、そのことで、観光業界などが困っているらしい。

プレミアムフライデーとは?個人消費を促す経済対策の狙い - 履歴書Do

そこで、どうやら、そうした業界の振興策として、「プレミアムフライデー」を思いついたきらいがあるようなのだ。

だから、そもそも観光業界や、飲食業界が、「プレミアムフライデー」が取れないどころか、普段より忙しくなるのは、当たり前というか、折り込み済。
そうした業界が儲かるように、設けた制度だからだ。

プレ金、独自のイベントやサービスで盛り上げ (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

これをいい機会にと、旅行業界や飲食産業などは、「プレミアムフライデー」に向けて、独自のイベントやサービスを企画して、新たな需要を喚起しようと、躍起になっているようだ。

実際、旅行業界は、金曜午後発のツアーを充実させて、完売状態のツアーも多いという。

自分の職場でも、通達があり、自分も管理職の端くれなので、おそらく率先して「プレミアムフライデー」を利用せざるを得ないことになるようだ。

何だか癪だから、宣伝には乗せられず、自宅でのんびりするか、ジムで汗を流すつもりだけどね。

関連記事:
私はカジノ法案に賛成の立場です:東京おじさんぽ:So-netブログ







<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました