So-net無料ブログ作成

東京・日比谷公園に「領土・主権展示館」がオープン [博物館・美術館]

スポンサードリンク




日比谷公園に「竹島と尖閣諸島は日本領」主張する展示館をオープンへ?:東京おじさんぽ:So-netブログ

以前、東京の日比谷公園に「竹島と尖閣諸島は日本領」主張する展示館ができるらしい、というニュースを取り上げましたが、

竹島・尖閣資料館がオープン 東京・日比谷公園 「日本固有の領土」訴え - 産経ニュース

1月25日に、それがオープンしたそうです。名称は「領土・主権展示館」とのこと。

島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の関連資料を常設展示し、政府として「日本固有の領土」であると国内外に訴えるのが狙いだそうです。

約100平方メートルのスペースには、島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の関連資料が約60点が展示されているらしい。

その中には、

・竹島を島根県の所管にすると決めた1905年の閣議決定文書
・明治時代に日本人が尖閣諸島を開発した様子が分かる写真を複製した展示品
・1919年に尖閣諸島付近で遭難した中国漁民を日本人が救助した際、中華民国駐長崎領事から贈られた「感謝状」の中に、尖閣が日本の領土だと認める記述がある資料
・サンフランシスコ平和条約の締結の際に竹島の領有権についてアメリカ側が韓国の主張を否定した書簡

などがあるという。

ちょっと引っかかるのが、例に挙げられた資料が、あたかも客観的な「日本固有の領土」の証拠であるかのような取り上げ方をされていること。

領土問題 - Wikipedia

領土の帰属に関しては、国際的な判定基準みたいなものが、すでに確立しているが、中国は、南シナ海などでも、そうした基準を無視して独自の理屈だけで自国の領土だと主張しているから、嫌われている。
日本は、そうした中国、韓国と同じ土俵に乗るのではなく、日本らしく国際的な規範に基づき、正々堂々と領土の主張は行うべきである。

国際的基準から見れば、大昔に発見したという記録とか、古い地図に領土と記載されているとか、そういったものは、領土であるという証拠として認められないと明確になっているのに、こと領土問題となると、そうした低いレベルの証拠の応酬に終始する。
馬鹿馬鹿しい。

せっかく、こうした展示館を作るのなら、国際的な領土であるという判定基準を列記し、それに基づく韓国や中国が持つ証拠にどんなものがあって、日本にはそれに打ち勝てる証拠がどれだけあるか、説得力のある説明展示をすることが重要だと思うな。

せっかく作ったのだから、「領土・主権展示館」は、そうした説得力のある展示になっていることを期待します。

入館は無料で、場所は、日比谷公園の市政会館の地下1階。

ph_p02_02-2-large.jpg

市政会館 - Wikipedia

市政会館は、都営地下鉄三田線内幸町駅(A-7出口)より徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線霞ケ関駅(B1a出口)より徒歩4分、東京メトロ千代田線霞ケ関駅(C-3出口)より徒歩3分、東京メトロ千代田線又は日比谷線日比谷駅(A-14出口)より徒歩3分、JR東日本山手線新橋駅(日比谷口)より徒歩10分と大変便利な場所にあります。

ただし、開館時間は午前10時から午後6時まで。
休館日は、土、日曜、祝日と年末年始だそうなので、休日に見に行くのは難しいし、平日も出張の帰りに立ち寄るには閉館が早過ぎて、見に行くのはなかなか難しそうだな。

なお、市政会館は、それ自体、歴史的建造物であり、

市政会館 - 市政会館見学会のご案内 | 公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所(旧財団法人東京市政調査会)

市政会館見学会が、年2回開催されるそうです。普段は見ることができない塔時計の機械室や天井裏のレリーフなどを見学できるらしいので、機会があれば見てみたいですね。前回は、2017年12月13日(水)だったらしいので、次回は6月ぐらいかな?

市政専門図書館 - 所在地 | 公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所(旧財団法人東京市政調査会)

それ以外に、建物内には、都市問題・地方自治に関する専門図書館で、誰でも無料で利用できる「市政専門図書館」や、

市政会館 - 展示ギャラリー | 公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所(旧財団法人東京市政調査会)

市民が無料で借りられる展示ギャラリーもあるようです。

どうせ行くなら、建物全体や、こうした施設もまとめて見ておきたいものです。

ちなみに、以前書いた記事で、市政会館のことを、日比谷図書館がある建物、と書いてしまいましたが、日比谷図書館は隣の別の建物でした。お詫びして訂正します。

関連記事:
日比谷公園に「竹島と尖閣諸島は日本領」主張する展示館をオープンへ?:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日比谷公園 一〇〇年の矜持に学ぶ [ 進士五十八 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/1/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京ビルヂング [ (趣味/教養) ]
価格:3365円(税込、送料無料) (2018/1/26時点)


<スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。