So-net無料ブログ作成

大阪・門真市に「パナソニック ミュージアム」が3月にオープン [博物館・美術館]

スポンサードリンク




main_l.jpg

創業者・松下幸之助の思 いを未来に伝える「パナソニック ミュージアム」が3月にオープン - 家電 Watch

大阪・門真市のパナソニックの敷地内に、「パナソニック ミュージアム」が、3月7日オープンする
そうです。
パナソニックは、1918年3月7日が創業の日だそうで、そこから、ちょうど100周年を迎える日に開所
式を行ない、3月9日より一般公開されるそうです。

場所は、京阪電車 西三荘駅下車 徒歩2分とのことで、駅名を見て分かりましたが、ここ、私が大阪
に住んでいた子供のころ、社会見学で行ったことがあるわ。

門真市自体、ほとんどパナソニックでできているような街なのですが、西三荘駅には、その中の一つの巨大な工場があり、入り口近くには、昔からパナソニックの歴史展示がみられる博物館があって、それを見学した
気がします。

発表内容を見ると、どうやら前からあった博物館をいったん取り壊し、大幅にリニューアルしてオー
プンしたのが、今回の「パナソニック ミュージアム」ということになるらしい。

「パナソニック ミュージアム」は、 パナソニック創業者・松下幸之助の経営観、人生観に触れられ
る「松下幸之助歴史館」と、パナソニックのものづくりのDNAを探る「ものづくりイズム館」の二つ
の展示館と、 2006年にオープンした「さくら広場」からなるそうです。

ワー クショップ ・イベント情報

また、この施設を活用し、次代を担う子どもたちが松下幸之助の生き方・考え方を学び、 ものづく
りの面白さに触れる校外学習向けプログラムや、一般向けの様々なワークショップなど、多彩なイベ
ントも開催されるそうです。

入館料は、もちろん無料。
開館時間は、午前9時~午後5時で、休館日は日曜日・年末年始とのことで、土曜日は開いているので
、企業博物館としては、かなり訪れやすい施設と言えるでしょう。
ただ、京阪電車 西三荘駅は、確か各駅停車しか止まらないので、乗る電車はお間違いなく。

汐留ミュージアム | Panasonic

リスーピア - 施 設案内 - パナソニックセンター東京 - コーポレートショウルーム - 企業情報 - Panasonic

パナソニック リビング ショウルーム 東京 | Pa nasonic

よく考えたら、パナソニックって、異常に多くの博物館やショールームを持っていて、その維持費だ
けでも大変だろうと思うのですが、そんな中で「パナソニック ミュージアム」は、旧展示館にもあ
った創業時からの貴重な歴史的資料が中心かと思われます。

オープンするころには詳しい展示内容も報道されるでしょうから、その時に再度取り上げたいと思い
ます。

関連記事:
樫尾俊雄発明記念館で「学びと遊びの電卓・電子辞書展」開催中:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道をひらく [ 松下幸之助 ]
価格:939円(税込、送料無料) (2018/2/21時点)



<スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。