So-net無料ブログ作成

USJが、繁閑期に応じ入場料変更などの新施策 [テーマパーク]


スポンサードリンク





16080_749_9dda63d5_57eff234.jpg

USJがチケット価格体系の刷新を発表 新たな年間パスの導入も - ライブドアニュース

今や一番勢いがあるテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)から、スタジオ・パス(パーク入場券)のチケット価格体系を刷新することが発表された。

まず、1日券(1デイ・スタジオ・パス)は、2019年1月10日(木)から、繁閑期に応じた変動価格制となる(利用日の3ケ月前から販売開始のため、10月10日から購入可能)。

現時点で2019年1月~3月までの価格一覧が決定しており、以降は約3ヶ月前に公式Webサイト上で告示されるそうだ。

現行の「1デイ・スタジオ・パス」は大人7,900円、子ども5,400円、シニア7,100円だが、新格制導入後は、大人7,400円から8,700円、子ども5,100円から5,900円、シニア6,700円から7,800円となる。

また、リピートユーザー向けに、新たに1年間有効な「ユニバーサル年間パス・ライト」が2018年10月10日(水)より発売される。

これは、TDRにも同様なパスができているが、入場除外日(年間70-75日)を除き、1年間に何度でもパークに入場することが可能なパスで、大人19,800円、子ども13,500円。これは現行の「ユニバーサル年間パス」(入場除外日は年間約20日、大人25,800円、子ども17,500円)よりも最大6,000円安く設定されている。
現行の「ユニバーサル年間パス」は、入場除外日が年間約20日だったので、「ユニバーサル年間パス・ライト」はさらに入場除外日が増えているので、「繁忙期は入れない」ぐらいのコンセプトみたいだ。

さらに、2019年1月10日からは、「障がい者向け割引スタジオ・パス」が大人4,100円、子ども2,800円、「1.5 デイ・スタジオ・パス」が大人12,300円、子ども 8,400円、「2 デイ・スタジオ・パス」が大人14,700円、子ども10,000円に、値上がりする。

なお、「1デイ・スタジオ・パス」は、大人で見れば、繁忙期には800円の値上げ、閑散期には500円の値下げとなるが、値上げ幅が値下げ幅に比べて大きいので、今回の制度改定に紛れて若干の値上げをしたとも言えるかも。

USJの任天堂テーマエリア着工 投資総額600億円超、リアル「マリオカート」も登場 | アニメーションビジネス・ジャーナル

まあ、これからまた任天堂のゾーンが作られるなど、お金のかかるのは確かなので、値上げ自体は仕方ないのかもしれません。

その意味では、心理的にはあまり値上げした印象を残さない、今回の価格体系の刷新は、最近のUSJの巧妙な経営手法と言えるでしょう。

関連記事:
東京五輪前に「SUPER NINTENDO WORLD」がUSJにオープン:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。