So-net無料ブログ作成

大人の休日倶楽部会員限定「北陸フリーきっぷ」 [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




ttl-ticket-hokurikufree-h1.jpg

大人の休日倶楽部会員限定/北陸エリアをおトクに楽しめる北陸フリーきっぷ

「北陸フリーきっぷ」という広告を見かけたのですが、これが大変お得なきっぷで、機会があれば使いたいと思ったのですが、これって有料の「大人の休日倶楽部」会員限定みたい。

早速、「大人の休日倶楽部」について調べてみると、男性満65歳以上、女性満60歳以上にならないと加入できない「大人の休日倶楽部・ジパング」と、男女とも満50歳以上で加入できる「大人の休日倶楽部ミドル」の2種類があるらしい。

大人の休日倶楽部ミドル・ジパングについて|大人の休日倶楽部:JR東日本

満50歳以上であれば「大人の休日倶楽部ミドル」には加入できるが、年会費も2,575円(年会費2,060円+カード年会費515円)と高いので、「とりあえず入っておく」という感じの会員制度ではありません。
「JR東日本とJR北海道のきっぷが何回でも5%割引」になるという特典をフルに生かすつもりで、積極的に加入するタイプの会員制度です。

とはいえ、「大人の休日倶楽部ミドル」は初年度年会費無料とのことだし、とりあえず対象となる方々のために、このチケットのお得さはお知らせしておきます。

img-ticket-hokurikufree-map.gif

「北陸フリーきっぷ」は、首都圏からの北陸新幹線往復と北陸フリーエリアの乗り放題がセットになったおトクなきっぷです。
首都圏の出発駅は、東京(都区内)発と、川口・戸田公園~大宮発のが選べ、前者が22,000円、後者が21,000円。
北陸フリーエリアまでの往復には、北陸新幹線の普通車指定席が利用でき、北陸フリーエリア内では特急列車(新幹線を含む)および普通列車(快速を含む)の普通車自由席が、4日間、乗り降り自由となるのです。

フリーエリア内では、JR線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線の特急(新幹線を含む)・急行・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由となっており、富山から福井にかけての足として申し分ないでしょう。

なお、普通に、北陸新幹線で、東京-金沢間の普通席の座席指定を取ると、片道の運賃は14,120円だそうですから、このきっぷのお得さが分かるというものです。

よく考えたら、このきっぷを買う前提で、「大人の休日倶楽部ミドル」に加入しても、「大人の休日倶楽部ミドル」の年会費の分は完全に元が取れてしまいます。

また、「北陸フリーきっぷ」の特典として、特別料金で利用できるレンタカーや、駅内のコンビニでの割引特典なども、利用できるそうです。

「北陸フリーきっぷ」は、2019年3月27日(水)まで、首都圏にあるJR東日本の主な駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザにて発売され、2019年3月31日(日)まで利用できるとのこと。

「大人の休日倶楽部」の対象年齢で、北陸に遊びに行く予定がある方なら、間違いなくお得なきっぷだと思います。

関連記事:
サンキューちばフリーパス&サンキューちばフリー乗車券:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北陸に学ぶマーケティング [ 伊部泰弘 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/11/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金沢 北陸 (ココミル)
価格:864円(税込、送料無料) (2018/11/27時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。