So-net無料ブログ作成

パナソニック「TOKYO リノベーション ミュージアム」を汐留にオープン [博物館・美術館]

スポンサードリンク




パナソニック リビング ショウルーム 東京 | Panasonic

東京・汐留には、「パナソニック リビング ショウルーム 東京」という住宅設備関係のショールームが以前からあり、その4階には、「パナソニック 汐留ミュージアム」という企画展のみの美術館もあり、いずれも何度か訪れたことがあるのですが、先日久々に訪れてみたら、ガラッと変わっていてびっくり。

190205.png

パナソニック汐留美術館 | Panasonic

まず、「パナソニック 汐留ミュージアム」は、2019年4月1日付けで、「パナソニック汐留美術館」に改名したそうです。
企画展のみでやっていく方針には変わりがないようで、なんで今、改名したのかはイマイチ意図がつかみかねます。

ちなみに、本来、美術館(ミュージアム)とギャラリーの違いは、ミュージアムが、自分で美術品コレクションを持ち、常設展示を行っているのに対し、ギャラリーは企画展示のみを行う施設をさすのだそうです。

国立新美術館は、コレクションを持たず、企画展のみを行うため、英語名はあえてミュージアムと名乗らず、「THE NATIONAL ART CENTER-TOKYO」と名乗っているぐらいです。

「パナソニック汐留美術館」は、これまではコレクションを持っていないはずで、だったらむしろ「ギャラリー」なのではないかと思うのですが、美術館と名乗るからには、何か方針の変更があるのでしょうか。

201904121022_1.jpg

パナソニック、「TOKYO リノベーション ミュージアム」を汐留にオープン - BCN+R

そして、もう一つ驚いたのは、1階から地下2階まであった「パナソニック リビング ショウルーム 東京」が、地下1階と地下2階のみになり、

DSCN3644.JPG

2019年4月13日から、1階には「TOKYO リノベーション ミュージアム」という新たな施設ができていたことです。

受付でもらえるパンフレットを見ると、趣旨としては、

 水回りの位置を含めて住宅設備を丸ごと一新する大規模なリフォームは、「リノベーション(リノベ)」と呼ばれ、注目を集めているが、どの業者に施行を依頼すればいいのか、予算や工期はどの程度かかるのかなど、検討に必要な情報が消費者に届いていない状況にある。
 「TOKYO リノベーション ミュージアム」は、「リノベーションを、見て、学び、感じて、ひらめく」をテーマにしたミュージアムスタイルの施設で、大型映像や空間模型、リアルサイズのモデル空間を通じて、リノベーションに必要な情報を提供し、関連するさまざまな相談に応えていく。

とのことで、

DSCN3646.JPG

ミュージアムというからには、美術館あるいは博物館的な施設かと思いきや、確かに壁面プロジェクションや、

DSCN3645.JPG

リノベーションに関するジオラマ模型など、興味を惹く工夫はこらされているとは思いますが、ショールーム的な雰囲気はあまり変わりがない気がします。

DSCN3652.JPG

最終的にはリノベーションに関するコンサルテーションの場に行きつくようレイアウトされていて、やっぱりミュージアムと言いつつ、ショールームの延長上にある施設に見えますね。

開館時間は10時~17時で、休館日は水曜日(祝日は開館)、夏季、年末年始だそうです。

毎週末には予約制のイベント・セミナーも行ってゆくらしい。

「パナソニック汐留美術館」はこれまでも興味を惹く企画展が多々あったし、「TOKYO リノベーション ミュージアム」の試み自体も面白いとは思うのですが、パナソニックという世界に知られた一流企業が、「美術館」や「ミュージアム」という言葉の意味をあまり深く考えず、安易に名前をつけているようにしか見えないのは残念です。

関連記事:
新宿で住宅設備のショールーム巡り:東京おじさんぽ:So-netブログ
大阪・門真市に「パナソニック ミュージアム」が3月にオープン:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道をひらく [ 松下幸之助 ]
価格:939円(税込、送料無料) (2018/2/21時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。