So-net無料ブログ作成

「相鉄・JR直通線」がいよいよこの秋開業 [交通]

スポンサードリンク




large_190716_sotetsudia_01.jpg

「相鉄・JR直通線」海老名~新宿間で運転 1日46往復、二俣川~新宿間は最速44分 | 乗りものニュース

以前にもご紹介した相鉄本線の西谷駅からJR東海道貨物線に接続する「相鉄・JR直通線」が、いよいよ2019年11月30日(土)に開業し、運行を開始するそうです。

2019年7月16日(火)に、その運行計画の概要が発表されました。

車両は相鉄の12000系電車と、JR東日本の埼京・川越線用E233系電車を使用するそうです。

相鉄本線の海老名駅とJR線の新宿駅のあいだを直通運転し、朝の通勤時間帯の一部は、大宮方面まで運転されるそうです。

相鉄線内では、特急と各駅停車があり、特急は、海老名駅、大和駅、二俣川駅、西谷駅、そして、新たに設置された羽沢横浜国大駅に停車します。
その先のJR側は、武蔵小杉駅、大崎駅、目黒駅、渋谷駅、新宿駅に停車するそうで、湘南新宿ライナーが止まる恵比寿駅には止まらず、止まらない目黒駅に停まるのは意外かも。

残念ながら、いずみ野線の直通はなく、二俣川駅での乗換となる模様。

最速達列車は、二俣川~新宿間44分、大和~渋谷間45分、海老名~武蔵小杉間36分と、時間的メリットは確かにありそうです。

1日あたりだと92本(46往復)が計画されていて、1時間あたりの列車運転本数は、朝ピーク時間帯が4本、その他時間帯が2~3本ということで、JR側のダイヤの都合もあるのでしょうか、あまりたくさんは増やせないみたいです。

さらに、3年後の2022年度下期には、羽沢横浜国大駅と東急線の日吉駅(横浜市港北区)を結ぶ「相鉄・東急直通線」も開業し、相鉄線と東急線の直通運転も始まる予定で、これが完成すると、相鉄線から、新たにできる「新横浜駅」経由で新幹線にも乗り換えられるようになるため、人の動きもガラッと変わりそうです。

ちなみに、新たにできる羽沢横浜国大駅の周辺に何があるのかな?と思いチェックしてみたのですが、JR貨物の横浜羽沢駅と車両基地があるのが目につく程度で、何もないですね。
駅名にある横浜国大がすぐそばかと思いきや、一番近い北門まで結構距離があります。
それでも、横浜市営地下鉄の三ッ沢上町駅から正門までよりは、多少は近いかも。

地図を見た限りでは、わざわざ駅で降りて街歩きするような機会は、当面なさそうです。

関連記事:
相鉄がJR・東急に乗り入れる影響:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。