So-net無料ブログ作成

池袋に国内最大のフルIMAXシアター誕生 [娯楽施設]

スポンサードリンク




20190717ikebukuro1.jpg

キュープラザ池袋/シネコン、オーサムストア旗艦店など16店が出店 | 流通ニュース

2019年7月19日に、池袋東口に新たな商業施設「キュープラザ池袋」がオープンしました。

1階には、旗艦店としておしゃれな雑貨の「AWESOME STORE&CAFE」が池袋エリアに初出店。
原宿店に続く2店目のカフェも併設します。

地下1階と2階には、飲食店を集積し、3階には、アミューズメント「プラザカプコン」、キャラクターカフェ「カプコンカフェ」が出店。
5階には、新業態のワッフルカフェ「クラッパーズダイナー」が、12階には、新業態のイタリアバル「バール パノーラマ」、14階には「池袋バッティングセンター」が出店しています。

そして、この商業施設の目玉が、4階から13階に展開するシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」です。

1ed3d303710cd11030776985a5431cd67c1ead29_xlarge.jpg

池袋に誕生した国内最大IMAXRシアターがスゴすぎる!「グランドシネマサンシャイン」 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

12スクリーン・約2500席からなる都内最大級のシネコンで、中でも、高さ18.9m×幅25.8mの巨大スクリーンと最新鋭の4Kツインレーザープロジェクターを備えたフルサイズの「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアターは、国内最大となるそうです。

また、体感型アトラクションシアター「4DX」と、3面マルチプロジェクション上映システム「ScreenX」を融合させた体感型シアター「4DX with ScreenX」は日本初となります。

さらに、待ち時間も退屈しないよう、各フロアのホワイエやコリドー(廊下)、トイレなどのスペースに、さまざまな国際映画祭をイメージしたインテリア、遊び心あふれる映画アイテムなどを散りばめ、5階と12階にはオリジナルブランドのカフェとレストラン「クラッパーズダイナー」「バールパノーラマ」を設置しているそうです。

国内で、IMAXシアターというと、実はほとんどがハーフサイズのもので、フルサイズ、フル解像度のものというと、これまで「大阪EXPOシティ」にしかなかったのですが、「グランドシネマサンシャイン」はフルサイズIMAXシアターとしては、国内2か所目で、最大サイズとなるようです。

私も、機会があれば、見に行きたいとは思っていますが、現在は「天気の子」を上映していることも相まって、しばらくは予約を取るのが大変そうです。

関連記事:
新生「渋谷パルコ」が11月下旬にグランドオープン:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シネコン111新装復刊 [ 吉野朔実 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/29時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。