So-net無料ブログ作成

「新宿TOKYU MILANO再開発計画」が2022年度開業に向け着工 [都市開発]


スポンサードリンク





d10686-410-425941-1.jpg

東急電鉄、西武新宿駅の隣「新宿TOKYU MILANO再開発計画」本格着工 | マイナビニュース

東京急行電鉄と東急レクリエーションが、8月5日に、「新宿TOKYU MILANO」跡地を中心とした歌舞伎町一丁目地区開発計画「新宿TOKYU MILANO再開発計画」の新築工事に8月から本格着工すると発表しました。

開発エリアは、西武新宿駅を西側に、歌舞伎町のイベント会場「シネシティ広場」の東側に挟まれた地域になります。
東急が開発するのに、一番恩恵を受けそうなのは、西武鉄道ということになりそうですね。

超現実エンターテインメントEXPO 「VR ZONE SHINJUKU」 東京観光おすすめスポット|東京 旅行をはじめ新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ|新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

私の記憶では、以前、このVRシアターがあった場所じゃないかと思いますが、先日、行ったら跡形もなくなっていてびっくりしました。これのためだったんだな。

新築予定の地上48階・地下5階・塔屋1階、約225mの高層複合施設には、次のような施設が入る予定だそうです。

・東急ホテルズ
・映画館:東急レクリエーションが運営
・劇場:東急レクリエーション・ソニー・ミュージックエンタテインメント・東急電鉄3社出資のTSTエンタテイメントが運営
・ライブホール:(同上)
・リムジンバスの乗降場

建物外装デザインや、ファサード・照明デザインなどは、つくば田園都市などのデザインでも知られる建築家・永山祐子氏が担当し、東京・新宿・歌舞伎町のシンボルとなるような都市景観を形作るという。

d10686-410-383699-0.jpg

さらに、シネシティ広場に隣接する東側には、巨大なディスプレイを設置するなどして、シネシティ広場と連動したイベントが開催できる空間設計を行い、歌舞伎町全体が盛り上がるように、様々なイベントを開催してゆくというのも、面白ろそう。

歌舞伎町の新たな核になる施設になりそうですね。

関連記事:
新宿・歌舞伎町は今や外国人だらけだな:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆歌舞伎町の独特な生き物図鑑 / MAYURA/著 / 主婦の友社
価格:1296円(税込、送料別) (2019/8/4時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。