So-net無料ブログ作成

「東京モーターショー2019」は大きく変わるみたい [イベント]

スポンサードリンク




001_l.jpg

「東京モーターショー 2019」は「有明エリア」「青海エリア」のお台場全域開催に。無料エリアも展開 - Car Watch

自工会(日本自動車工業会)が、10月24日~11月4日に東京 お台場で開催する「第46回 東京モーターショー 2019(The 46th Tokyo Motor Show 2019)」の開催概要を発表したのですが、例年と比べいくつか大きな変更点があることが分かりました。

開催日程については、次のように細かく分かれていて、会期は前回から2日増えて12日間となりました。

・10月23日8時~24日11時30分:プレスデー
・10月24日11時30分~18時:オフィシャルデー(開会式等招待者)
・10月24日14時~18時:は特別招待日(障がい者手帳を持つ人の特別見学日)
・10月25日9時~14時:プレビューデー
・10月25日9時~11月4日18時:一般公開日

8月1日10時から販売がスタートする一般公開日の「前売り入場券」は1800円、「2DAYパス」は3500円、「通期パス」は6000円。
例年と違うのは、前回まで中学生以下が入場無料だったのが、今回から高校生以下が無料となったことです。

10月25日のプレビューデーは、「プレビューデー入場券」(3800円、2万5000枚限定販売)を購入した人間のみが入れます。
一般公開日の16時以降に入場が可能な「アフター4入場券」(1000円)も当日販売されるそうです。

さて、今回、大きく違うのはここから。

002_l.jpg

・会場をお台場全域に拡大
従来の東京ビッグサイトの西展示棟・南展示棟+近隣にあるTFTビル横駐車場などを「有明エリア」として拡大設定し、さらに、東京テレポート駅近くの「東京ビッグサイト青海展示棟」や「メガウェブ」などを合わせた「青海エリア」を新設。
さらに、2つのエリアを「夢の大橋」「夢の公園」などで構成する「OPEN ROAD」で接続する形で大幅に展示エリアを拡大。
また、「有明エリア」と「青海エリア」を3分に1本往復する無料のシャトルバスを用意するそうです。

・無料エリアを設置
今回は、入場券を持っていない人でも気軽に立ち寄れる無料エリアを3か所設置します。
「有明エリア」のTFTビル横駐車場を利用する「DRIVE PARK」では、「東京オートサロン」「モータースポーツジャパン」などと連携し、チューニングカーやレースマシンなどを展示するほか、FAI(国際航空連盟)公認のドローンレースを国内初開催する予定だそうです。

「有明エリア」と「青海エリア」を結ぶOPEN ROADも無料エリアとして、2輪・4輪の車両に加え、マリンレジャー向けのボートや空のモビリティである「ホバーバイク」などを展示するそうです。
また、OPEN ROADの「青海エリア」側には、「次世代モビリティ」の試乗車を体感できる試乗ステーションを設定するそうです(試乗には入場券が必要)。
「青海エリア」の「メガウェブ」では、無料で「近未来の1日」を体験できる「FUTURE EXPO」を実施するらしい。
「グランツーリスモSPORT」などを使った「eスポーツ大会」も実施する予定とのこと。

これだけ見どころがあれば、無料エリアだけでも、お子さんを連れて、丸一日楽しめそうです。

最近は、欧米の自動車メーカーも、中国のモーターショーに一番力を入れていて、日本のモーターショーの地位は低下していたのですが、今回の施策で、再度盛り返すことができるのでしょうか。

関連記事:
「ツーリズムEXPOジャパン2016」が東京ビッグサイトなどで開催:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。