So-net無料ブログ作成

2023年完成の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」 [都市開発]

スポンサードリンク




アーク八木ヒルズ、六本木ファーストビルの南側には、都心にもかかわらず、低層のビルや一戸建てもあった古い街並みが残るエリアだったのですが、そこが、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」として再開発されるらしい。

800x-1.jpg

「ヒルズの未来形」が虎ノ門・麻布台エリアに-森ビル最大規模 - Bloomberg

森ビルが開発し、2023年3月末の完成を目指すという。

緑豊かな緑地や広場が広がる中に、3棟の超高層タワーを建築し、緑化面積は約6000平方メートルに及ぶそうです。
メインタワーの高さは約330メートルと、完成時点では、「アベノハルカス」を超えて日本一の高層ビルとなるらしい。

そこに、住宅、オフィス、ホテル、商業施設、文化施設、インターナショナルスクールなどが入るみたい。

タワー部は、住宅及びオフィスが入居する計画ですが、一番高い階ですと、ほぼ東京タワーの頂上と同じ風景が見られることになり、一説では分譲価格は10億円を超えるのではないかと言われています。

また、特徴的には、タワーの低層部に、外国人対応スーパーマーケットや、インターナショナルスクール、多言語対応子育て支援施設などが入居するなど、外国人の富裕層をメインターゲットに見据えているように見えることです。

高層ビル同志は通路で直結されており、さらに、店舗ゾーンを含む低層棟なども建築され、地下鉄神谷町駅や六本木一丁目駅と地下通路が直結されます。

正直、自分にはあまり関係のなさそうな開発計画ですが、説明を読むと、詳細はまだ分かりませんが、計画には文化施設(約9,000m2)が含まれており、結構な広さだけに、ここに何ができるのかは引き続き注目したいと思います。

ともあれ、印象としては、中国などの外国人や、今六本木ヒルズに住んでいるお金持ちが続々引っ越してきそうな、リッチな超高層マンションになりそうですね。

関連記事:
池袋に新商業施設「ハレザ池袋」が2020年夏オープン:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。