SSブログ

みなとみらいの再開発計画(3) ヨコハマ・F・マリノス練習場跡 [都市開発]

スポンサードリンク



みなとみらい21地区のヨコハマ・F・マリノス練習場跡があった60・61・62街区の再開発計画をご紹介します。

11.jpg

みなとみらい21地区 60・61街区一部に2万人規模の音楽専用アリーナを建設 | はまこれ横浜

まず、60・61街区には、株式会社ケン・コーポレーションが開発することが決定。

2万人規模の音楽専用アリーナ「Kアリーナ(仮称)」のほか、ホテルや賃貸オフィス、展示施設等を新設するそうです。

みなとみらいに2つの音楽ホールが:東京おじさんぽ:So-netブログ

完成すれば、「KT Zepp Yokohama」(2,000名)、「ぴあアリーナMM」(1万人+α規模)を上回る大規模アリーナとなるようです。

2019年6月に着工し、2021年度に竣工を予定しているそうで、場所的には、先日遊びに行った「ニッサン・ミュージアム横浜」の裏手にあたります。

【追記】コメントでいただいた情報によれば、新型コロナウィルスなどの影響もあり、着工が遅れていたそうで、2020年8月に着工し、完成予定は2023年7月と変更となったようです。

開発中プロジェクト-Kアリーナプロジェクト|高級賃貸マンションや事業投資用不動産ならKENケン・コーポレーション


IMG_20200926_111552.jpg

写真は、「ニッサン・パビリオン横浜」に行った時、撮影したものですが、工事エリアに向かう道路は閉鎖されていて、残念ながら近づけませんでしたが、

IMG_20200926_111559.jpg

柵の向こうには、こんな工事の状況が見られました。

kn162715yokohama1.jpg

みなとみらい21中央地区62街区に水族館やフォーシーズンズ ホテル&リゾート | はまこれ横浜

さらに、62街区の開発は、マレーシアのベルジャヤ・コーポレーションを代表企業とした、丸紅および大和ハウスを構成企業とする企業グループ「BMD 62」に決まったことが発表された。

IMG_20200926_101223.jpg

場所的には、現在、「ニッサン・パビリオン横浜」があるエリアだと思います。

「BMD 62」は、地上14階、地下2階、高さ59.95mの建物で、2022年10月着工し、2026年3月に竣工する計画だそうです。
「ニッサン・パビリオン横浜」は、その工事が始まるまでの暫定施設だったということなのでしょう。

このエリアには、グローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアムを中核に、水族館、店舗(レストラン・物販)を新設するそうです。

確かに、横浜港周辺は、水族館の空白地帯ではありますが、果たして、どんな規模でどんな差別化をしてくるのか、楽しみです。

こちらも、全てが完成すれば、一面芝生のサッカー練習場だった一帯の景色が一変しそうです。

関連記事:
みなとみらいに「ミュージックテラス」と「Kアリーナ横浜」がオープン:東京おじさんぽ:So-netブログ
みなとみらいの再開発計画(2) 村田製作所とLG電子の研究所:東京おじさんぽ:So-netブログ
みなとみらいの再開発計画(4) ロープウェイ「ヨコハマ・エア・キャビン」:東京おじさんぽ:So-netブログ






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

YU

Kアリーナですが、計画がだいぶ遅れていて、今年の8月に着工し2023年7月に完成予定のようです。とりあえず無事着工して一安心という感じです。
https://www.kencorp.co.jp/pro/development/case/example/k-arena/

いまはどこも厳しい状況ですが、3年後には音楽ライブなどが普通に楽しめる世の中になっていることを願っています。
62街区の水族館はこれまでなかった施設なので、横濱ゲートタワーのプラネタリウムと共に楽しみですね♪
by YU (2020-10-25 01:48) 

naniwa48

YUさん、最新情報ありがとうございます。
早速記事に反映させました。
by naniwa48 (2020-10-25 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。