SSブログ

銀座松屋で「アニメージュとジブリ展」開催中 [イベント]

スポンサードリンク



実は、マンガやアニメに関する企画展もかなり多い銀座松屋ですが、現在、2021年4月15日(木)~5月5日(祝・水) の期間で、「アニメージュとジブリ展 一冊の雑誌からジブリは始まった」という企画展を開催中です。

【追加情報】
緊急事態宣言を受け、「アニメージュとジブリ展」は、2021年4月25日(日)以降は開催中止となりました。開催期間の延長はないようで、是非とも行きたいと思っていただけに、ガッカリです。

animage1.jpg

スタジオジブリの原点を振り返る展覧会を開催 | アニメージュとジブリ展

鈴木敏夫が、徳間書店の編集者として、創刊から1989年11月号までの12年弱にわたり担当した雑誌「アニメージュ」の歴史を紐解きながら、その中で発掘してきた「機動戦士ガンダム」や「風の谷のナウシカ」などの様々なアニメ作品について振り返り、そこから、スタジオジブリを設立し、「天空の城ラピュタ」を制作するまでの歴史を振り返るという、貴重な企画展です。

「アニメージュ」は、自分では買っていなかったのですが、学校で友達が買っていて、いつも読ませてもらっていました。

正直、どんな記事を読んでいたのか、マンガ版の「風の谷のナウシカ」が連載されていたこと以外、もうあまり記憶がないのですが、私にとっては、その失われた記憶を掘り起こすような企画展にもなりそうで、是非とも行ってみたいです。

会期は、2021年4月15日(木)~5月5日(祝・水) で、定休日はなし。

チケット情報|スタジオジブリの原点を振り返る展覧会を開催 | アニメージュとジブリ展

開場時間は、午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで)ですが、全日日時市指定制になっていますので、あらかじめローソンチケットなどで、事前にチケットは購入しておいた方がいいでしょう。

会場は、松屋銀座8階のイベントスクエアです。

入場料は、一般1,500(1,300)円、高校生1,000(800)円、中学生800(600)円、小学生600(400)円。( )内は前売り料金です。
チケットは、ローソン・ミニストップ店内 Loppi、または、オンラインで、ローソンチケットまたはBoo-Wooチケットで購入できます。

銀座松屋の企画展は、とても魅力的なものも多いのですが、いつも開催期間が短いのが玉に瑕(その代わり、全国の松屋で巡回開催されることが多い)。

今回も、ゴールデンウィークまでで終わってしまうので、何とか時間を見つけて行きたいのですが、緊急事態宣言も再び発令されそうだし、困ったなぁ。

関連記事:
「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神で開催中:東京おじさんぽ:So-netブログ
ヤマハ銀座店で「匠のオト」展開催中:東京おじさんぽ:So-netブログ






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。