SSブログ

国立歴史民俗博物館「学びの歴史像―わたりあう近代―」 [博物館・美術館]

スポンサードリンク



ShareArt

そろそろ、街歩きを再開したいな、と思っていたところに、「ShareArt」というアートコミュニティサイトで応募した招待券が当選したらしく、それが送られてきました。

ありがたい。

IMG_20211013_201132.jpg

企画展示|展示のご案内|国立歴史民俗博物館

当選したのは、国立歴史民俗博物館で開催中の企画展示「学びの歴史像―わたりあう近代―」の招待券。

E_XzourVcAAbLOX.jpg

開催要項は次の通り。

開催期間:2021年10月12日(火)~12月12日(日)
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金;一般:1000円/大学生:500円(高校生以下は入館料無料、総合展示も観覧可能)
開館時間:9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日:毎週月曜日(休日にあたる場合は開館し、翌日休館)

なお、会場の混雑防止のため、土・日・祝日、会期末(12月7日(火)から12月12日(日))は、オンラインによる入場日時の指定(事前予約)が必要とのこと。
ただ、平日は、会期末12月7日(火)から12月10日(金)を除き、事前予約は不要らしい。

この企画展示は、幕末から明治という怒涛の流れの中にあった「学び」の姿を、対外関係史、文化史、経済史、医療・衛生史、アイヌ史などから読み解くものだそうで、

・アイヌ民族の歴史や言葉、首里や八重山の近代関係資料など、全国から多数資料を借用し、一堂に会する
・「ブラントン日本図」や「元ト昌平阪聖堂ニ於テ博覧会図」など初公開の資料も含め、歴博の豊富な館蔵資料を最大限に紹介
・私たちにはなじみのない、唱歌教科書初代の「君が代」のメロディなどの「聴く展示」

などが目玉展示となっています。

展示内容自体は、地味で学術的でなものみたいで、私が物凄く興味があるテーマではありませんが、招待券があるなら、いい機会なので、見に出かけようと思います。

そう思って調べ始めたら、千葉県の佐倉市だというから、湘南エリアの我が家からは相当遠いんですね。

最寄りの京急佐倉駅までの経路検索を掛けると、最初に表示されるオススメ経路が、片道2時間13分かかり、料金は1820円かかるという。

うーん、行くのに覚悟がいるなぁ。

ところで、そもそも、佐倉市に大規模な国立の「国立歴史民俗博物館」があること自体、今まで全く知りませんでした。

国立民族学博物館

過去に聞いたことがあったのかもしれませんが、正直、大阪の万博跡地にある「国立民族学博物館」と混同していたと思われ、興味ある企画展があったとしても「大阪なら行けないな」ということで、端から諦めていたかもしれません。

National_Museum_of_Japanese_History_2008(cropped).jpg

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構|大学共同利用機関法人 人間文化研究機構|国立歴史民俗博物館

そう思って、「国立歴史民俗博物館」や、それがある佐倉市について調べ始めると、全く知らなかったなかなか興味深い点が多く、それについてはまた別途ご紹介したいと思います。

関連記事:
東京都公文書館で常設展示をスタート:東京おじさんぽ:So-netブログ






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。