SSブログ

天王洲・寺田倉庫で「鈴木敏夫とジブリ展」開催中 [博物館・美術館]

スポンサードリンク



「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神で開催中:東京おじさんぽ:So-netブログ

3年前、神田明神で開催された「鈴木敏夫とジブリ展」は、その後、地方を巡回開催されていたのですが、それが再び東京に戻り、一段とパワーアップして、天王洲・寺田倉庫で開催されています。

main.jpg

鈴木敏夫とジブリ展【東京展】

「鈴木敏夫とジブリ展」は、スタジオジブリを、プロデューサーである鈴木敏夫の視点から紐解く企画展で、鈴木氏の子供時代から、学生時代、徳間書店の記者編集者時代の歴史と、鈴木氏がその間に出会った本や映画などの作品群と、それらのスタジオジブリに繋がるエピソードを披露します。

さらに、「アニメージュ」創刊から、高畑勲、宮崎駿との出会い、そして、スタジオジブリを設立し、名作を作り続けた時代の裏側をたどる展示となっています。


今回の新たな目玉としては、鈴木氏がこれまでに読んだ8800冊の書籍やマンガがずらりと並べられタ本棚と、映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋「油屋」をモチーフとした大型空間<油屋別館>でしょうか。
こちらでは、AR体験コーナーや、巨大な湯婆婆像、銭婆のおみくじ、湯屋の足湯なんかも楽しめるらしい。

開催場所は、東京・天王洲にある「寺田倉庫」B&C HALLとE HALL。

開催期間は、2022年7月1日(金)~2022年9月7日(水)までの予定。

開催時間は10:00~20:00(最終入場19:30)です。

チケットは、日時指定予約制となっていて、 一般 1,800円、中・高校生 1,500円、小学生 1,100円。
ローチケ・日テレゼロチケにて、入場1時間前まで予約可能となっています。

また、当日券も、会場に余裕があれば、ローソン・ミニストップ店内Loppiは入場開始時間まで販売するそうです。

「ブルーピリオド展」は見に行きたいかも:東京おじさんぽ:So-netブログ

私は、神田明神で開催された「鈴木敏夫とジブリ展」は、見逃してしまったし、並行して「ブルーピリオド展」も開催中なので、併せて、何とか見に行きたいと思っています。

関連記事:
「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神で開催中:東京おじさんぽ:So-netブログ
「ブルーピリオド展」は見に行きたいかも:東京おじさんぽ:So-netブログ
天王洲・寺田倉庫で「金曜ロードショーとジブリ展」を開催:東京おじさんぽ:So-netブログ






スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。