SSブログ

ボルボのEV専門ショールームが青山にオープン [ショールーム]

スポンサードリンク



pc_kv_main_volvo-studio-tokyo-0405.jpg

ボルボがEV専門ショールーム “拡張現実”など使いネット世代への普及目指す

スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」のEV(電気自動車)を専門にしたショールーム「ボルボスタジオ東京」が、赤坂に、2023年4月8日、オープンしました。

最寄り駅は、東京メトロ銀座線の外苑前駅かな。南青山三丁目交差点のすぐそばです。

これが、普通の車のショールームであれば、わざわざこのブログで紹介しなかったと思いますが、「ボルボスタジオ東京」は、EV専門で、車の直接販売は行わなず、車を見たり試乗できるだけではないエンタテイメント性が備わったショールームみたい。

私も、買う買わないは別にしても、何かのついでがあれば、足を運んでみたくなったので、ご紹介しておきます。

まず、「ボルボ」がEV専門ショールームを開設した意図について。

「ボルボ」は2030年に世界で販売する新車をすべてEVにする目標を掲げていますが、EVの普及が進まない日本市場で、幅広くプロモーションをする必要があると考えてのことだそうです。

ショールームでは、次のような体験が行えます。

・ブランドやEV、スウェーデンの文化に精通したブランドアンバサダーが常駐し、デジタルコンテンツを使って、ボルボのEVや価値観を知ることができる。

・VR(拡張現実)の技術を使ったスマホアプリ「Studio Explore App」を通じて、車に搭載された機能を体験したり、サステナビリティーへの取り組みを学ぶことができる。

・スタジオ内の車に乗り込んで、ストックホルムの街並みを走る体験ができる「Stockholm Virtual Drive」。

・ARでスウェーデンの自然に触れながら、「Stockholm Roast」の豆を使用したコーヒーをはじめとした飲み物をセルフサービスで楽しめるカフェ「Fika」。

・ネットで予約すれば、「Volvo XC40 Recharge」に、90分の試乗ができる。

Volvo Studio Tokyo|ボルボ・カー・ジャパン

試乗予約は、こちらの公式サイトからどうぞ。
また、車のカスタマイズや購入は、ショールームではなく、公式サイトからオンラインで行います。

1457320.jpg

XC40 - オーバービュー | ボルボ・カー・ジャパン

ちなみに、試乗できる「Volvo XC40 Recharge」は、5人乗りのコンパクトSUV「Volvo XC40」のEVモデルで、2022年7月に発売されたもの。

駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は69kWhで、WLTCモードの充電走行距離は502kmというから、かなり優秀。

価格469万からというから、輸入車としてはまあまあ安いのかなぁ。
とはいえ、私には無縁の価格帯ですが(笑)
車のメカニクスとして興味あるのは間違いありません。

関連記事:
芝公園近くの「TOYOTA MIRAI ショールーム」:東京おじさんぽ:So-netブログ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。