SSブログ

「Immersive Museum」が今年も日本橋で開催されるらしい [博物館・美術館]

スポンサードリンク



日本橋三井ホールで開催中の「Immersive Museum」:東京おじさんぽ:So-netブログ

2022年7月8日(金)~2022年10月29日(土)に、「COREDO室町1」4階の「日本橋三井ホール」で開催された「Immersive Museum」が、今年も開催されるらしい。

昨年開催された「Immersive Museum」は、壁面に、モネやドガ、ルノワール、モリゾらの印象派の名作が次々と映し出され、その中にいる人間の行動に応じて、映像が変化してゆく、没入体験型ミュージアムでした。

「Immersive Museum」は、様々なメディアで取り上げられ、その後、大阪や福岡にも展開されて、人気を呼びました。

im_image.jpg

イマーシブミュージアム | Immersive Museum

さて、その「Immersive Museum」が、今年も、日本橋に帰ってくるみたい。

開催期間は、2022年7月8日(金)~2022年10月29日(土)。
開催場所は、前回と同じく「日本橋三井ホール」。

前回は、“印象派”の絵画をモチーフにしたものだったのに対し、今回は、ゴッホやゴーガン、スーラ、セザンヌらを代表的作家とする「ポスト印象派」の芸術作品に焦点を当てるそうです。

それらの作品群をデジタル技術により、その特徴的な技法や、創作プロセスを、互いに影響を与え合い切磋琢磨した作家同士の関係性にも着目しながら、没入型体験コンテンツとして提示するそうです。

開催時間や、入場料金については、まだ発表されていませんが、昨年の開催時間は、平日が10:00-21:00(20:20 最終入場)、土日祝が9:00-21:00(20:20 最終入場)となっていました。

入場券は、 大人(18歳以上)2,500円、中学生・高校生・専門学生・大学生 1,500円、小学生以下 無料となっていましたので、今年も、似たような感じになるのではないかと思います。

同様の「Immersive Museum」が、福岡では、2023年4月29日(土)~9月10日(日)の期間に、大阪では、2023年6月17日(土)~9月6日(水)の期間に、並行開催されるそうです。

今回は、一番最初にお目見えするのは、東京じゃなくて、福岡なんだな。

なお、こうした開催形態を続けるのなら、毎年、テーマを変えながら、同じ手法でずっと続けられそうですね。

私も、一度は見に行ってみたいとは思っていますが、昨年は、このイベントのことを知った時点で、既にチケットは売り切れていました。

今年は、どうなのかな?

2年目だから、昨年よりは混まない気もするし、今年のポスト印象派は、ゴッホ、ゴーガン、セザンヌといった日本で人気の画家が多いので、昨年以上に混みそうな気もします。

関連記事:
日本橋三井ホールで開催中の「Immersive Museum」:東京おじさんぽ:So-netブログ






スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。