So-net無料ブログ作成

「鈴木敏夫とジブリ展」が神田明神で開催中 [イベント]

main_img_pc.jpg

鈴木敏夫とジブリ展 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

「鈴木敏夫とジブリ展 ~宮さんは絵を描き、僕は字を書く。~」というジブリのプロデューサー鈴木敏夫の"言葉"に注目した展覧会が、4月20日(土)からスタートしており、5月12日(日)まで開催されるそうです(会期中無休)。

神田明神 アクセス

開催場所は、御茶ノ水駅から徒歩5分の「神田明神」の敷地内にある文化交流館「EDOCCO」という新しい施設の神田明神ホールだそうです。

一昨年の広島(筆の里工房)を皮切りに、昨年、名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催し、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みブラッシュアップした展覧会となるそうです。

展示では、鈴木による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫の「原点」から「今」を紹介することで、高畑勲、宮崎駿両監督と出会ってからの40年を振り返り、「スタジオジブリの秘密に迫るというコンセプトだそうで、鈴木敏夫の目を通して、スタジオジブリの仕事を浮き上がらせるという点が、これまでの他の展覧会と違うところでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域