SSブログ

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の公開期間を再延長 [観光スポット]

img_78.jpg

動くガンダム「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の期間延長決定!:東京おじさんぽ:So-netブログ

山下ふ頭に作られた動くガンダムが見られる施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、元々、2022年3月31日までの期間限定という条件でスタートしましたが、コロナ禍などもあり、2023年3月31日まで延長されたことは、以前ご紹介しました。

その延長された期限があっという間に近付いていることに気付き、その後どうなったのか気になって調べてみました。

ガンダムファクトリー横浜が2024年3月31日まで公開延長。春休みシーズンには実物大“動くガンダム”のアンコールライトアップも予定 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com

すると、土地を所有する横浜市などとも協議し、公開期間を、再び、2024年3月31日まで1年間、延長することが決まったようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「赤坂エンタテインメント・シティ構想」とは? [都市開発]

01.jpg

TBS、地区再開発計画「赤坂エンタテインメント・シティ構想」に向けた動きを発表|Screens|映像メディアの価値を映す

TBSは、「グループ中期経営計画2020」の中で掲げている 「TBS シナジーを生む総合メディア戦略」の一環として、「赤坂エンタテインメント・シティ構想」を計画しています。

「赤坂エンタテイメント・シティ構想」は、赤坂に新たなエンタテインメント施設や、最先端の文化発信機能を拡充し、赤坂を「世界最高の感動体験を届ける街にする」というものです。

その実現のために、TBSは三菱地所株式会社と、「国際新赤坂ビル」の再開発に向けた共同事業協定を締結し、赤坂サカス、および、その周辺エリアを、10年かけて再開発を行います。

既に、実施されたリニューアルは次の通り。

・「TBSギャラリー」を「TBSギャラリー&カフェ」に改修。
「サカス広場」を、訪れた方が寛いで過ごせるスペースにリニューアル。
・「マイナビBLITZ赤坂」を、観覧機能付き「TBS赤坂BLITZスタジオ」にリニューアル。
・「TBS赤坂ACTシアター」では、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を無期限ロングラン上演。
・TBSの敷地に隣接する、テナントビルだった「ザ・ヘクサゴン」を取得し、1階に人気情報バラエティ番組「王様のブランチ」がプロデュースするショップ&レストラン「ブランチパーク」をオープン。

今後の計画としては、一番大きなものは、「赤坂二丁目・六丁目地区再開発計画」です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ライブハウス「赤坂BLITZ」はTBSのスタジオに生まれ変わっていた [観光スポット]

番組開始2周年を記念した「ラヴィット!ミュージアム」:東京おじさんぽ:So-netブログ

先日、現在、企画展「ラヴィット!ミュージアム」を、「TBS赤坂BLITZスタジオ」で開催中であることをご紹介しましたが、そもそも、「赤坂BLITZ」というと有名な大型ライブハウスだったはずだったのに・・・と思い、調べてみました。

「マイナビBLITZ赤坂」が閉館 最終はファン見守る中、人気グループがライブ - 赤坂経済新聞

ライブハウスとしての「赤坂BLITZ」は、2020年9月22日、コロナ禍のさなか、予定されていたさよなら公演なども行えないまま、ひっそりと閉館したようです。

また、跡地は、TBSテレビを親しんでもらうための観覧機能付きスタジオに模様替えすることが発表されていました。

65979-66-18c170177f29e408bb5dca16644dc4dd-1200x800-1-1118x538.jpg

赤坂BLITZ - Wikipedia

その後、2022年10月8日に、「TBS AKASAKA BLITZ STUDIO(TBS赤坂BLITZスタジオ)」として、再オープンしたようです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

野球殿堂博物館で、WBC優勝トロフィーなどを展示 [博物館・美術館]


野球のWBC、日本がアメリカ下し優勝 「世界が大谷を目撃」と米監督 - BBCニュース

日本時間で、2023年3月22日、World Baseball Classic(WBC)の決勝が行われ、日本代表が米国代表に勝ち、3度目の優勝を果たしました。

Amazon.co.jp: アメリカ vs. 日本 | 2023 ワールドベースボールクラシック 決勝を観る | Prime Video

今回は、地上波だけでなく、Amazonプライムビデオでも見られたので、リアルタイムで見られない時も、後から飛ばし見できて、有難かったな。

普段なら、まだ完全な状態ではないこの時期に、全力で戦ってくれた選手の皆さんは、素直に感動しました。

初戦の中国戦から決勝まで、どれも見どころが多くて、ヌートバー選手の、怪我も恐れない2つの好守は感動ものでした。

舐めていたチェコの実力の高さには、驚いたし、感動さえ覚えました。

オーストラリア戦の、大谷が自分の広告に当てる特大ホームランは、まるで、あだち充がお得意の、感動シーンの直後に描く、クスッとくるギャグシーンみたいでした。

一番厳しかったメキシコ戦の村上選手のサヨナラヒットは、つい声が出てしまったし、決勝も、最後、大谷が、同僚のトラウトを三振に取り、優勝するという、ドラマのような展開には、ひたすら盛り上がるシチュエーションでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

池袋で大規模な「歩行者天国」社会実験を実施 [都市開発]


池袋で大規模な「歩行者天国」社会実験へ…駅の東西結ぶデッキ新設も計画 : 読売新聞

2023年3月21日に、豊島区は、池袋駅の東西で大規模な「歩行者天国」の社会実験を実施しました。

池袋駅東口の「グリーン大通り」と、西口の「アゼリア通り」の約100mを、午前9時から午後4時頃まで交通規制を行い、一帯を歩行者だけが通れるようにしたそうです。

駅の東西では、お笑いコンビによるステージや、阿波踊りや、東京消防庁音楽隊の演奏などを披露し、東口にはキッチンカーも出店し、路上に設けたテーブルで飲食できるようになっていました。

特定禁止区域・区間の歩行者用道路 警視庁

歩行者天国というと、都心では、これまで、銀座、秋葉原、新宿三丁目の3エリアが有名ですが、池袋というのは初めてみたい。

ちなみに、銀座、秋葉原、新宿三丁目の3エリアも、コロナ禍でどこも一時中断ていましたが、今は、いずれも再開しているみたいですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。