So-net無料ブログ作成

六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで「ドラえもん展」開催中 [博物館・美術館]


スポンサードリンク





doraemonten.png

15年ぶり「ドラえもん展」が開幕、村上隆から新進作家まで28組が作品を公開 | Fashionsnap.com

最近知ったのですが、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで、11月1日から2018年1月8日まで、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が開催されているそうです。

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」は2002年にそごう美術館で開催されて以来、15年ぶり2回目となる企画とのこと。

「ドラえもんの展覧会なんて、もっと頻繁にやってないか?」と思った方もいらっしゃると思いますが、この「ドラえもん展」は、藤子・F・不二雄の原画や、アニメのセル画が展示されている訳ではないのです。

現代美術のトップアーティストから新進アーティストあで計28組が、「あなたのドラえもんをつくってください」というお題のもと、現代アートに落とし込んださまざまな作品を制作し、それが一堂に展示される展覧会なんだそうです。

前回も参加した芸術家の村上隆や写真家の蜷川実花、写真家の森村泰昌などの作品も見られ、芸術家の奈良美智、会田誠、ミスター(Mr.)、鴻池朋子、写真家の梅佳代、書家の中塚翠涛、アーティストの増田セバスチャン、アニメーションを手掛けるシシヤマザキ、画家の坂本友由、メディアアーティストのクワクボリョウタといったさまざまなジャンルの作家が参加しているとのこと。

会場の森アーツセンターギャラリーは、六本木ヒルズ森タワー52階にあります。
会期は、2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)で、開館時間は10:00~20:00(火曜日は17:00まで、入場は閉館30分前まで)となっていますので、都心にお勤めの方なら、お仕事帰りに立ち寄ることもできるでしょう。

入場料は、一般 1,800円、中学生・高校生 1,400円、4歳~小学生 800円(※3歳以下は入場無料)となっています。

期間中、特設ショップに置いて、作品展示やオリジナルグッズを販売するほか、会場に隣接するカフェ「THE SUN」では「タケコプターバーガー」や「どこでもドアパフェ」などのコラボメニューが食べられるそうです。

THE ドラえもん展 TOKYO 2017

公式サイトはこちら。
「ドラえもん展」ではありますが、子供が行って楽しいイベントかはかなり微妙。大人が楽しむためのアート展となっています。
公式サイトでは、一部の展示の写真も見ることができますので、それを見て面白そうだと思ったら、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:
上野の森美術館の「怖い絵」展:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DORA ART THE ドラえもん展 TOKYO 2017 公式ガイドブック ...
価格:691円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE ドラえもん展 TOKYO 会場限定 図録/カタログ
価格:4800円(税込、送料別) (2017/11/22時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。