So-net無料ブログ作成

今回の「ぐるっとパス2019」活用 [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




d20053-530-569368-0.jpg

東京・ミュージアム ぐるっとパス2019

一冊目の「ぐるっとパス2019」を、7月6日から使い始めたのですが、その利用期限が、先日、9月5日で終了しました。

今回利用した特典は次の通り。

・三井記念館 「日本の素朴絵 -ゆるい、かわいい、たのしい美術-」:1300円→無料
○ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション:600円→無料
○世田谷文学館 「仁木悦子の肖像」:200円→無料
○武者小路実篤記念館:200円→無料
○文化学園服飾博物館:500円→無料
○東京都現代美術館:500円→無料
・深川江戸資料館 「杉浦日向子の視点 ~江戸へようこそ~」:400円→無料
○文化学園服飾博物館:500円→無料
○リスーピア:500円→無料
○東京科学未来館 「マンモス展」:1800円→620円引
○神代植物公園:500円→無料
・都市発展記念館/横浜ユーラシア文化館 「一枚の切符からあの頃へ」:200円→無料
○平櫛田中彫刻美術館:300円→無料
○府中市美術館:200円→無料
・国立映画アーカイブ 「映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事」:250円→無料
○八王子市夢美術館 「横山宏のマシーネンクリーガー展」:700円→無料
○多摩動物公園:600円→無料

特典利用の合計金額は、8,070円で、十分元が取れたと言えるでしょう。

なお、○印は、今回初めて行ったミュージアムです。

これで、対象施設でまだ行ったことがないのは次の通りで、あとわずかです。

・大倉集古館(2019年9月12日再開)
・府中市郷土の森博物館
・多摩六都科学館
・千葉市美術館
・埼玉県立歴史と民俗の博物館

「ぐるっとパス2019」は、もう一冊入手済なので、次で千葉県や埼玉県の施設以外は制覇できるでしょう。
千葉市美術館や埼玉県立歴史と民俗の博物館も、何かのついでがあれば、行けるかもしれません。

また、これまで「ぐるっとパス2019」の利用は、まだ行ったことがない施設が中心だったのですが、今回、既に行ったことはありますが、開催中の企画展を見たくて、利用したミュージアムが増えました。

このように、常設展は一度見たからもういいけど、「今やっている企画展」だけを見に行きたいときも、「ぐるっとパス2019」は、無料で気軽に入れるものも多くていいですね。

関連記事:
ぐるっとパス2019の10月以降はどうなる?:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京のちいさな美術館めぐり [ 浦島茂世 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokyo大学博物館ガイド [ 大坪覚 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。