So-net無料ブログ作成

初めて「川越」に行ってみた [街歩き]

スポンサードリンク




少し前のことになるが、ゴールデンウィークの後ろにくっつけて、年休を取ったので、混雑していないだろうと思い、平日の月曜に埼玉県の川越に遊びに行ってきた。

我が家からだと、一番安いルートは、小田急で代々木上原駅まで出て、東京メトロ千代田線で、明治神宮前駅で副都心線に乗り換え、和光市駅でいったん降りて改札を出る。

小江戸川越クーポンのご案内 | 東武東上線情報 | 東武鉄道ポータルサイト

ここで小江戸川越クーポン(770円)を買う(ちなみに、券売機では買えず、人がいる改札でしか買えないので、ちょっと不便)。
このクーポンで、東武東上線の川越駅まで乗り、11時ごろに川越に到着。
湘南エリアからだと、さすがに遠く、2時間前後かかるな。

このクーポン、和光市駅から川越駅の往復運賃616円が含まれ、川越駅周辺の東武バスが乗り放題になるため、1回バスに乗れば元が取れてしまう。
さらには、入場割引などの特典もあり、川越観光には大変お得なパスなので、利用しない手はない。

2015-05-07 10.57.43.jpg

川越散策に行こう!(観光案内)

今回は、路線バスで、小江戸と呼ばれる一帯の南端で降り、大正浪漫夢通りから歩いて川越一番街を北上した。

2015-05-07 11.03.34.jpg

現地に着いてみて、失敗したなと思ったのは、平日の月曜に行ったこと。
川越の場合、平日は確かに空いているのだが、特にゴールデンウィーク明けの月曜ということで、閉店している店や施設が非常に多いのだ。
おまけに、中に入って見学したいと思って、目を付けていた場所が、軒並み空振り。

2015-05-07 11.18.50.jpg

時の鐘 | (公社)小江戸川越観光協会

それでも、北端までお店をぶらぶら歩きながら、時の鐘などの古き建物を眺め、写真を撮り、さつまいもスイーツを食べたり、買ったりして、それなりに楽しんだ。

2015-05-07 11.35.08.jpg

菓子屋横丁 | (公社)小江戸川越観光協会

北端から西側に歩いたところにある菓子屋横丁も行ってみたが、こじんまりとしていてやや拍子抜け。

川越「菓子屋横町」で昼火事、観光客騒然…和菓子店が全焼 90歳社長が全身やけど、4人が軽傷 - 産経ニュース

ただ、その後、火事のニュースを見て、行ったばかりの場所だけに、びっくりしたな。

そのあたりでお昼を過ぎたので、昼食を食べようと思ったが、意外とその北端あたりに昼食を食べる店が少ないし、あっても閉店していたりして困った。

市役所へのご案内/川越市

仕方ないので、私のいつものノウハウ「昼食に困ったときは役所に行け」を発動。東に5分ほど歩くとあった川越市役所に入ってみた。
地下に食堂があり、一般市民も利用でき、500円で、川越名物のさつまいもご飯のランチが食べられた。

kawagoe.jpg

川越市立博物館/美術館ホームページ

2015-05-07 12.21.17.jpg

川越城本丸御殿

その後、さらに東方向に歩いていき、川越市立博物館、川越市立美術館、川越城本丸御殿に入ろうと思ったら、いずれも開いていなくてがっくり。そうか、こうした施設、月曜は休みだよな。

疲れたので、バスに乗って移動。

2015-05-07 13.22.26.jpg

成田山川越別院

成田山川越別院本行院は、成田山新勝寺の別院だそうで、本堂内にも自由に入れたので見学。

2015-05-07 13.39.44.jpg

川越大師 喜多院

喜多院は、建物はほとんどが重要文化財に指定され、五百羅漢像が有名。本堂と五百羅漢像の見学で、拝観料が大人400円とのこと。
中の見学をするか迷ったが、五百羅漢像は、外からでもある程度見られたからいいや、ということで、中には入らず。

2015-05-07 14.01.58.jpg

川越市産業観光館 小江戸蔵里 KOEDO KURARI

その後は、昔の醸造所を改装して作ったというオシャレな観光ショップ「小江戸蔵里」まで歩いて、お土産を購入。

CREAMALL-川越サンロード商店街

その脇の川越サンロードという商店街を、途中奥さんが「これ、安い」と言っては買い物をしながら川越駅までぶらぶら歩き、駅にたどり着いたら15時。

さすがに疲れたので、それでルートを逆にたどり帰宅した。

川越の場合、平日は非常に空いていたのはよかったが、イベントも大抵休日のみだし、平日は閉まっているお店や施設も多く、大幅に見所が減ってしまうのが難点。
多少混んでいても、休日に遊びに行く方が楽しめる場所だと思うな。

なお、私も奥さんも関西出身なので、京都や奈良の古い町並みは、昔から見てきたので、川越の街並みを見たからといって、「生まれて初めて」みたいな新鮮な感動まではない。むしろ、「街並みの規模は大きくないな」と思ったぐらい。

なので、個人的には、まあ、一度見たから、もういいかな、という気分だ。自宅からは遠いしね。

ところで、川越観光には大変便利な東武の「小江戸川越クーポン」だが、一点だけ注意すべきは、現地で乗り放題なのは東武系のバスのみであることだ。
路線バスは、ほとんど東武みたいだが、西武系の巡回バスもあり、それは東武鉄道発行の小江戸川越クーポンでは乗れない。
バス停自体も東武系とは別のことが多いので、バス停の表示をしっかり見れば、間違うことはないと思うが。

小江戸・川越フリークーポン:西武鉄道Webサイト

なお、西武系については、別の「小江戸・川越フリークーポン」というチケットがあるのだが、東武系のクーポンに比べるとお得度がかなり低い。

各種おとくなパス|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

しかも、我が家の最寄り駅の小田急では、西武系の「小江戸・川越フリークーポン」しか買えず、東武系のクーポンチケットは買えないので、お間違いなく。
この西武のクーポンをうっかり買ってしまうと、東京メトロと東武を乗り継ぐより時間がかかる上に、運賃もむしろ割高だし、川越で乗れるバスの種類も断然少なく、買うメリットが見いだせない。間違って買わないよう注意したい。

一方、東武の小江戸川越クーポンにも不満がある。

乗れる東武バスには、複数の路線バスと、観光用の巡回バス(1ルート)があるが、この巡回バス、川越駅から、川越市内の観光名所を時計反対廻りで順番に巡り、川越駅に戻る。
一見、観光には大変便利なバスに見えるが、意外に使いにくい。

なぜなら、川越観光に来た大半の客が真っ先に向かうのは、小江戸と呼ばれる一帯だが、この巡回バスでは非常に遠回りであり、やたら時間がかかる。だから、今回も小江戸エリアに直行する路線バスに乗ったのだが、困ったのが、その後。

川越市立博物館や、川越城本丸御殿、喜多院、川越氷川神社といった、その他の主要観光スポットを通るのは、その巡回バスしかないのだが、小江戸エリアでこれに乗ると、いったん川越駅までに戻るしかなく、そこで少し待機後、再び遠回りで巡回するしかないため、やたら時間がかかるのだ。

この巡回バスの順路を考えた人は、いわゆる「観光の動線」というやつを、真面目に考えたのだろうか?

難しい話ではない。巡回バスの巡回の向きを、時計回りに変えるだけで、物凄く市内が巡りやすくなるのだから。
時計回りにはできない何かの事情があるのかもしれないが、是非、川越市と東武バスの方々には、真剣に改善を考えて欲しいな。

関連記事:
東京を見て回るツアー計画:東京おじさんぽ:So-netブログ



【楽天ブックスならいつでも送料無料】...

【楽天ブックスならいつでも送料無料】...
価格:864円(税込、送料込)

【楽天ブックスならいつでも送料無...

【楽天ブックスならいつでも送料無...
価格:907円(税込、送料込)

【楽天ブックスならいつでも送料無...

【楽天ブックスならいつでも送料無...
価格:907円(税込、送料込)



【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました