So-net無料ブログ作成

横浜と秩父を結ぶ有料座席指定列車「S-TRAIN」 [交通]

スポンサードリンク




seibu.jpg

休日は元町・中華街~西武秩父、平日は豊洲~所沢を結ぶ全席指定列車「S-TRAIN」、運行開始 初日の式典を西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道の代表者らが祝う - トラベル Watch

西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が、3月25日より、横浜高速鉄道の元町・中華街駅と、西武鉄道の西武秩父駅を1本で結ぶ有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行を開始したそうでし。

3月25日には、運航開始を記念して、1番列車となるS-TRAIN 1号の始発駅、元町・中華街駅で出発式を、西武秩父駅において到着歓迎イベントを実施し、逆方向の1番列車となるS-TRAIN 2号においても、飯能駅において出発式が行なわれたそうですが、夕方のテレビでもその模様が中継されていました。

西武鉄道、新型車両「40000系」お披露目 ”進化した通勤車両” | 鉄道新聞

「40000系」は、西武鉄道の通勤車両として投入される新型車両で、「S-TRAIN」でも利用できるよう一部の編成で「ロング・クロスシート転換車両」を導入するほか、車いす・ベビーカー利用客や大きな荷物を持つ乗客にも快適に利用できる「パートナーゾーン」なども設置したそうです。

S-TRAINの土曜・休日運行ダイヤは、次の通り、終点エリアの観光客がターゲットになっています。

・S-TRAIN 1号:元町・中華街駅(07時01分)発~西武秩父駅(09時15分)着
・S-TRAIN 3号:元町・中華街駅(16時55分)発~飯能駅(18時34分)着
・S-TRAIN 5号:元町・中華街駅(19時55分)発~所沢駅(21時11分)着

・S-TRAIN 2号:飯能駅(09時18分)発~元町・中華街駅(10時53分)着
・S-TRAIN 4号:西武秩父駅(17時05分)発~元町・中華街駅(19時38分)着

これまで、神奈川県方面から、秩父や所沢方面に遊びに行くというのは、乗り換えも多く、時間もかかるため、かなり強い動機が必要でしたが、「S-TRAIN」なら、朝起きるのを少し頑張れば、日帰りで遊びに行くのは不可能ではなさそうです。

また、埼玉方面から中華街やみなとみらいの観光にも、この列車はとても便利なので、使われるでしょうね。

面白いのは、横浜から埼玉への観光客に向けては、朝と夜に1本ずつ、元町・中華街駅(07時01分)発~西武秩父駅間が1あるのに対し、逆に埼玉から横浜へは、西武秩父駅発がなく、飯能駅からであること。
人口を考えれば、飯能駅発で十分と言うことなのか。
逆に、横浜から遊びに行くなら、秩父まで行かないと、見るべきものがないのか? この差は何ででしょうね。

一方、S-TRAINの平日運行ダイヤは、次の通り。

・S-TRAIN 101号:豊洲駅(17時00分)発~所沢駅(18時00分)着
・S-TRAIN 103号:豊洲駅(20時00分)発~所沢駅(20時58分)着
・S-TRAIN 105号:豊洲駅(23時00分)発~所沢駅(00時01分)着

・S-TRAIN 102号:所沢駅(06時24分)発~豊洲駅(07時24分)着
・S-TRAIN 104号:所沢駅(15時18分)発~豊洲駅(16時18分)着
・S-TRAIN 106号:所沢駅(18時20分)発~豊洲駅(19時22分)着
・S-TRAIN 108号:所沢駅(21時20分)発~豊洲駅(22時19分)着

土曜・休日と違い、所沢駅と豊洲駅を結ぶ路線となっていて、おそらく朝は、所沢方面から都心に通勤している方向けでしょうが、それに比べて、夕方から夜の便が多いのが不思議です。西武の野球観戦も見込んでいるのかな?

個人的には、所沢にある「所沢航空発祥記念館」は、是非一度は行ってみたいと思っていて、なかなか機会がなかったのですが、これを契機に、頑張って「S-TRAIN」での「日帰りおじさんぽ」を計画してみたいと思います。
問題は、奥さんは航空機に興味がないので、他に何か奥さんの見どころがあるかどうかだな。

関連記事:
2018年に小田急ロマンスカーに新型車両が登場:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました