SSブログ

渋谷区「THE TOKYO TOILET」プロジェクトの2か所を訪問 [観光スポット]

スポンサードリンク



THE TOKYO TOILET

2020年に始まった「THE TOKYO TOILET」は、渋谷区の公衆トイレを、一流の建築家やデザイナーにより、リニューアルするプロジェクトで、これまでも、本ブログで何度も取り上げてきました。

そのトイレを順次訪れて、ご紹介してきたのですが、今回、新たに訪れた2か所をご紹介します。

CIMG8070.JPG

まずは、2021年7月16日にオープンした「代々木八幡公衆トイレ」。

CIMG8068.JPG

「代々木八幡宮」の大鳥居へ続く階段の左脇に元々あった公衆トイレを、建築家の伊東豊雄氏が設計し、リニューアルしたそうです。

CIMG8071.JPG

3つの円筒が、それぞれ男子トイレ、女子トイレ、多目的トイレになっていますが、デザインとしては、割と地味でオーソドックス。

CIMG8074.JPG

中も割とオーソドックスな作りでした。

もう一つは、渋谷駅西口の「鍋島松濤公園トイレ」で、こちらは2021年6月24日にオープンしました。

IMG_20230207_165435.jpg

渋谷のBunkamuraのさらに先にある「鍋島松濤公園」にあった公衆トイレをリニューアルしたもので、設計したのは、あの隈研吾氏。

IMG_20230207_165307.jpg

端材をランダムに配したデザインは、一目で隈研吾らしいもの。

IMG_20230207_165455.jpg

迷路ような通路の中に、男子トイレ、女子トイレ、子供用トイレ、多目的トイレが配置されています。

IMG_20230207_165337.jpg

ただ、どの扉がどのトイレなのかが、見慣れないアイコン表記で分かりづらい上に、解説パネルもありません

IMG_20230207_165611.jpg

実際、男子トイレを見つけるまで、間違えて2つの扉を開く羽目になってしまいました。

この辺の使いづらさは、隈氏らしくないし、あまり感心しなかったな。

残るトイレで、まだ完成していないものもあるようですが、完成次第、残りのトイレも訪れてみたいと思います。

関連記事:
「THE TOKYO TOILET」の最新進捗状況:東京おじさんぽ:So-netブログ
渋谷区「THE TOKYO TOILET」の残りはどうなった?:東京おじさんぽ:So-netブログ







スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。