SSブログ

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2023」を購入すべきか? [クーポン・チケット]

スポンサードリンク



「東京・ミュージアム ぐるっとパス」というと、毎年、4月に発売される東京を中心とする美術館・博物館・庭園などの入場券や割引券がセットになった「ぐるっとパスカード」、または、QRコードチケットです。

本ブログでも毎年ご紹介してきたのですが、今年は、すっかり忘れていました。

Grutto2023_pc.png

東京・ミュージアム ぐるっとパス2023

「東京・ミュージアム ぐるっとパス2023」も、2023年4月に発売されました。

101の美術館・博物館等の入場券や割引券がセットになっており、各施設で、それぞれ1回ずつ利用できます。

販売価格は、2,500円。

販売期間は、2023年4月1日(土)~2024年1月31日(水)で、有効期間は、最初に利用した日から2ヶ月間となっています。

利用できる施設について、昨年との違いは、新たに東京ドームにある「野球殿堂博物館」と、天王洲アイルの寺田倉庫内にある「WHAT MUSEUM」が加わったのと、「サントリー美術館」が復活となったことだそうです。

101の施設の中で、私がまだ行ったことがないのは、「たましん美術館」「千葉市美術館」「埼玉県立歴史と民俗の博物館」だけなので、「ぐるっとパス」を買う目的というのは、新たな施設の開拓よりは、行きたい企画展がどれだけお得に入れるか、ということがポイントになります。

秋に向け開催される行きたい企画展で、「ぐるっとパス」が使えるものが3か所ぐらいあれば、元は取れてしまいますので、そのタイミングで購入しようかと考えています。

「ぐるっとパス2023」20周年記念プレゼントキャンペーン実施! | 東京・ミュージアム ぐるっとパス2023

ちなみに、「ぐるっとパス」誕生20周年を記念し、感謝を込めてプレゼントキャンペーンを実施しています。

応募サイトから(4月1日開始)


上記サイトで、「ぐるっとパス2023」の対象施設に関するクイズに答え、全問正解者の中から抽選で毎回20名様にプレゼントが当たるそうです。

応募期間は、第1回 4月1日~6月30日、第2回 7月1日~9月30日、第3回 10月1日~12月31日に分かれており、現在は、第2回を受け付け中ですね。

プレゼントの商品は、第1回・第2回が「ぐるっとパス2023」のカード、第3回は対象施設のミュージアムグッズだそうです。

このキャンペーンは、だれでも応募できますので、興味ある方は上記サイトからどうぞ。

関連記事:
「東京・ミュージアム ぐるっとパス2022」は、ぐるっとパスカードでも購入可能:東京おじさんぽ:So-netブログ
「メトロ&ぐるっとパス」「都営deぐるっとパス」は今年度も発売:東京おじさんぽ:So-netブログ
首都圏以外のミュージアムパス:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京のちいさな美術館めぐり [ 浦島茂世 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokyo大学博物館ガイド [ 大坪覚 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。