So-net無料ブログ作成

北海道新幹線の今後の動き [交通]

スポンサードリンク




2016年3月26日に開通した北海道新幹線(新青森-新函館北斗間)は、当面、採算は取れないことが分かっていて開通したということらしいのですが、その後の状況はどうなのでしょう。

北海道新幹線、利用者倍増で意外な落とし穴 | 新幹線は街をどう変えるのか | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

こちらの記事によれば、JR北海道が9月末に発表した数字では、乗車率も当初予想の26%を上回る39%まで上昇し、半年間で143万5000人が利用し、在来線のおよそ1.8倍の水準を維持しているそうです。

一方で、競合するフェリーは旅客が増加し、航空機の客も大きくは減っていないそうで、人の動きに関してみれば、予想以上で及第点と言える状況らしい。
その原因としては、関東から北海道に来る乗客だけでなく、思ったより東北各地から北海道に来る乗客が多かったことにあるらしい。
北陸新幹線でも、北陸各地から、軽井沢や長野方面に来る乗客が予想以上に増え、活況を呈する現象がありましたが、それに似た状況が発生しているのかもしれません。

北海道新幹線の終点・新函館北斗駅(北斗市)は、何もないさびれた駅だったのが、観光のスタート地点として、レンタカー会社の営業所が一通り揃ったり、しゃれたレストランがオープンしたり、駅舎の北側では、北斗市と北海道庁が開設したイベントスペース「おもてなしステーション」ができたり、駅舎の南隣にも、複合商業施設の建設が進むなど、大きく変わりつつあるそうです。

新函館北斗駅のひとつ前の駅「木古内町駅」も、第三セクター「道南いさりび鉄道」で函館市内に行け、その方が、新函館北斗駅経由より安くつくことから、乗り継ぎ客や乗降客が増えているそうです。

最悪の予想よりはいい状況にあるのは、地元の観光誘致の努力もあるのでしょう。

とはいえ、北海道新幹線の収益が本来の意味で成り立つようにするには、札幌までの開業が必須であるのは言うまでもありません。

北海道新幹線の延伸開業前倒しを検討へ。でも札幌到達は早くて2030年。もっと早く造れないの? - 旅行総合研究所タビリス

これに関しては、北海道新幹線の札幌延伸は、前倒しして「2030年度末」とされていましたが、さらに早くしたいという希望はあるようですが、なかなか難しいようです。

北海道新幹線「2025年度倶知安先行開業」に意味はあるか。「東京からニセコ」は便利になるけれど - 旅行総合研究所タビリス

さらに5年前倒しして、倶知安までを先行開業しようという動きもあるみたい。
これでニセコへの観光客誘致には有利になるし、一部の競技がニセコに誘致予定の冬季オリンピックにも間に合うという算段なのかもしれません。本当にやる意味があれば、やればいいと思いますが・・・

北海道新幹線、19~20年度に高速化 東京へ3時間台:朝日新聞デジタル

一方、青函トンネルと前後の線路で、貨物列車と線路を共用するため、速度を落としているのを、貨物列車が走らない時間帯を設けて、時速200キロ以上での走行を認める動きがあるそうです。

長距離移動で航空機よりも新幹線が選ばれる目安は「4時間未満」とされていますが、このトンネル内での高速化により、東京駅から新函館北斗駅まで、これまで4時間を超えていたのが、4時間を切ることが可能になるようです。

青函トンネル:新幹線高速化を延期 国交省「整備に時間」 - 毎日新聞

こちらは貨物列車の運用だけの話ですので、比較的早く実現されそうだと思ったのですが、2017年度中という目標が、技術的課題が山積で見直さざるをえなくなり、2020年度までを目標を遅らせるようです。

北海道の鉄道網 もはやJRに任せられぬ | どうしんウェブ/電子版(社説)

赤字なのは当たり前? JR北海道の経営に対する北海道庁の「非常識」 - ライブドアニュース

一方で、新幹線以外の従来鉄道路線も、赤字が続き、継続不可能とされている路線も多いようです。
冬季オリンピックがあるなしに関わらず、この鉄道の問題は、年を追うごとに厳しさを増すのは間違いなさそうです。

日ロ経済協力プラン 作業計画まとまる | NHKニュース

それこそ、樺太との地下トンネルが開通し、シベリア鉄道に直結して、北海道が、ロシアの資源輸入基地にでもなれば、状況は一変するかもしれませんが、もし、それがありうるとしても、かなり先の未来の話であり、その前に北海道の鉄道網が壊滅する方が先になる気がしてなりません。

関連記事:
札幌の2026年冬季オリンピック・パラリンピック招致について:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました