So-net無料ブログ作成

瀬畑亮 セロテープアート展 2018 in 横浜 [イベント]

スポンサードリンク




image2.jpg

瀬畑 亮 セロテープアート展 2018 in 横浜、10月2日より開催! | はまこれ横浜

瀬畑亮(せはたりょう)さんは、ニチバンのセロテープでアート作品を制作する世界で唯一のセロテープアート作家なのだそうですが、その個展「セロテープアート展 2018 in 横浜」が、10月2日(火)~10月28日(日)に開催されます。

フェイアートミュージアムヨコハマ|今後の展示会 | 横浜、六本木 | Fukasaku ART MUSEUM & GALLERY

開催場所は、横浜駅東口の鶴屋町にあるフェイアートミュージアムヨコハマ(徒歩10分ぐらいか?)。

瀬畑氏が考案したセロテープアートとは、芯となる材料を一切使わず、一からすべてセロテープを巻きつけて造形する独自の技法が特徴とのこと。

セロテープアート - Google 検索

ネットで検索すると、いくつも作品の写真が見られますが、セロテープだけで出来ているとは思えないものもいくつかあり、なかなかユニークな作風だと思いました。

今回の展示会は、瀬畑氏の活動20周年とセロテープ誕生70周年に加え、同社創業100周年の記念として、セロテープの発売元であるニチバンの全面バックアップの元、2018年1月に、港区六本木からスタートとし、セロテープゆかりの地である愛知県安城市、岐阜県大垣市での開催を経て、フィナーレとして、横浜で開催されることになったそうです。

展示会では、メイン作品として「セロフラワーシリーズ」、「動物シリーズ」などの立体作品と、「セロハン画」、「ラベル版画」等の平面作品を中心に新作と代表作を交え約50点が展示されるそうです。

さらに、「第9回ニチバン巻心ECOプロジェクト」において、障がい者アーティストを対象に実施したデザインコンペの入賞作品7点も同時展示されるとのこと。

期間中、月曜は休廊だそうですが、逆に、土曜、日曜はオープンしているそうですし、開館時間も、10:00~19:00(最終日は17:00まで)とのことなので、平日にお仕事帰りに立ち寄れる方も多いかもしれませんね。

入場料も無料とのことですので、興味ある方は立ち寄ってみてはいかがでしょう。

私も、都心に出張した帰りに、時間が間に合えば、横浜駅で途中下車して、見に行きたいと思っています。

関連記事:
世田谷文化生活情報センターの「折紙生活展」:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。